--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.24 22:46|山口鉄也
今シーズン、ジャイアンツの選手たちが作った記録の中で
文句なしにすごいと思うのは
山口鉄也投手が作った『6年連続60試合登板』です。

もちろんプロ野球記録であり自身が持つ記録の更新!

年間144試合のうちの60試合。
そうはいっても
登板した60試合だけではなく、
毎試合のように肩を作ってゲームに備えることを考えれば
プロのピッチャーとしては途方もない数字なのです。

山口投手は2008年からの登板数が

67→73→73→60→72→61

その多くがリードした展開、勝ちゲームでの登板です。
楽な試合などありません。

60試合登板を明確な目標として頑張ってきた今年。
防御率もホールドもまったく気にしていないと言います。

登板試合数が多いということは、健康な証拠。
「健康でいられることに感謝しなくてはいけない」という言葉に彼の想いがあります。


横浜商業高校3年夏
エースとして神奈川大会ベスト8に進出。
その後、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのスカウトから誘いを受けマイナー契約。
4年間プレーするも芽が出ず帰国。

2005年10月
横浜ベイスターズと東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けるが不合格。

もうあきらめるつもりで
「どうせなら最後は強いところを受けよう」と“記念受験”したジャイアンツの入団テスト。

しかしこのとき
「スライダー、チェンジアップを伸ばせば一軍の左の中継ぎとして使える」と判断され合格!
この年の育成選手ドラフトでの指名を経て
ジャイアンツに育成選手として入団しました。

ベイスターズ、イーグルスよりも
ジャイアンツのほうが目利きだったということになりますね。

新人王獲得など、後の活躍ぶりをベイスターズは相当悔しがっていたと聞きました。
テストに合格させていれば、地元出身のスター選手を作れたのにと。


「巨人に拾ってもらっていなければ野球を続けられなかった。
僕は巨人で野球を終える、こうやって続けていく。
野球人生のすべてを巨人に」

そう強く思う山口鉄也です。

愛称は『ぐっさん』

年上からは信頼され、年下からは慕われる。

首脳陣、選手、裏方スタッフ、
ぐっさんを悪く言う人は皆無です。

記念の60試合登板を果たした夜。
勝利会見で原監督は珍しくしばし沈黙したあと、こう言いました。

「彼の姿勢は何も変わっていない。慎重、という言葉…は違うな。
いつも、目線が上からじゃない。
勝負の怖さを知りつつ、真っすぐ、勇気を持って戦う。
だから節制し努力する。どんな選手になってもそれは変わらない」

帽子を目深にかぶったその表情はマウンド上で変わることはありません。
しかし、ひとたび勝負の場を離れれば
人懐っこくシャイなぐっさんの笑顔がいつもそこにあります。


日本球界で最もタフな男・山口鉄也。
結婚し、4月には長男が誕生。
守るべき大切な家族もできました。

現在61試合登板
気にしないという防御率も圧巻の1.27
打たれた本塁打はここまでわずかに「1」本。

あの岩瀬投手よりも上だと
ドラゴンズ投手コーチに言わしめた
伝家の宝刀スライダー冴え渡り

自分のやるべき仕事は
「出番がきたら0点で後ろに回す」ことのみ!

「目立つのはあまり好きではない。性格まで中継ぎなので」

いやいや、あなたは一番目立ってます!


【心のMVP】は永遠に変わることなくもちろん、あの選手だけど

2013年シーズン
ジャイアンツのMVPを私が選ぶとしたら
迷いなく、山口鉄也と答えます。

ぐっさんなくして、チームの栄光は有り得なかったのだから。



スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ
ジャンル:スポーツ

プロフィール

薫

Author:薫
アスリートたちに注目しています!
その心にもそっと触れながら。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。