--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.14 01:52|野球のルール
皆さま、お久しぶりでございます。
未だお休み中ではありますが
FC2ブログの場合、1か月以上更新のないブログのトップには
ドカーンと広告が掲載され

ここはどこ?
どなたのブログ?

という、可哀想な姿になってしまいます。

それではあんまりだろうということで、更新しようとするも
まるで気力の湧かないヘナチョコブロガーなので
お馴染み手抜き更新(←はい、前のブログで書いた記事の再掲です)でまいります。


『悔しさの順番』

凡打の内容
と、よく言いますね。

これには二つの意味が含まれていると思います。

一つはその凡打の持つ価値

たとえば進塁打

形としてはっきりし、打席数にもカウントされず
打率も下がらない犠牲バントあるいは犠牲フライとは別に
内野ゴロや外野飛球で
塁上の走者を次の塁に進めることができた場合
(内野ゴロ間の生還を含めて)
アウトカウントを増やしたとしても
その凡打は価値あるものとなるわけです。

たとえば10球以上粘っての三振。

三振という打者にとっては屈辱の結果ではあっても
相手投手に球数を投げさせ神経を使わせたというだけでも
チームに貢献できたと言えるでしょう。

野球ではたとえアウトになったとしても
チームのためにできる価値あるプレーはたくさんありますね。
それぞれに貢献度があると思います。

そして「凡打の内容」のもう一つの意味

それはその打者の打った打球そのもの、文字通りの内容です。

同じアウトになるにしてもその中味はさまざまですね。

いい当たりだったけど惜しくも野手の正面をつき捕られてしまう打球
ボテボテの当り損ねでも送球間に合わず内野安打となる打球

完璧に捉えたにもかかわらずファウルになってしまった打球
詰まったけど飛んだ位置がよく幸運なポテンヒットとなる打球

運不運の狭間を行き来する野球というスポーツの
それも魅力の一部分であると思います。


今回は応援するチームの打者
特に大好きな打者の打席、打球がアウトになった場合
その結果への悔しさを、自分が選ぶランキングにしてみました。
(そんなランキングがあるかどうかはしりませんが・・・)


第10位
(打席結果ではなく、いわば番外編とも言うべきものです)

打者一巡になりそうなくらいの勢いで相手投手を打ち崩していて
その調子のよくない投手の交代を決意した相手チームの監督がベンチから腰を上げたとき


これが悔しいんですよねぇ。
弱っているピッチャーに更に追い討ちをかけられる打席、
かなりの確率でヒットが期待できるのに・・・
ここで代わった投手に打ち取られてアウトになるのは本当に悔しいです。


第9位
いい当りなのに野手の正面をつき捕球されたとき

普通の守備位置でも悔しいけど
相手のポジショニングの良さでアウトにされる場合は、なお悔しい。

「打球が野手の正面に飛んでしまうにはそれなりの理由があり、結局は打ち損じである」
とも言われますが
それでも強烈なライナーをあっさりアウトにされてしまうのはガッカリですね。


第8位
敬遠後のアウト。

前の打者がどんなに強打者であっても
たとえ塁を埋めるための四球であっても

目の前で勝負を避けられ(捕手が立ち上がっての敬遠は悔しさ大)
しかもその打席で打てず凡打に終わってしまったら・・・
それはもう、悔しい以外の言葉は見つからないですね。

第7位
併殺打。

<嬉しい打席>の記事で書く予定なので、詳しくは省きます。


第6位
見逃し三振

ファンから見てもベンチから見ても見逃しての三振は情けないですよね。
ヤマが外れて手が出ないとき
自信を持って見逃した球をストライクとコールされたとき
どちらも歯痒いものです。


第5位
空振り三振

これは意見が分かれるような気がしますが
見逃しよりも私の場合、空振りの方が悔しいです。

なぜなら
手が出なかった場合を含めて見逃しは打てるけど単に見逃しただけ、
あるいは配球に負けただけ。

空振りは打者側の
タイミングのずれ、落ちる球の見極めのなさ等
技術、力不足の部分が多いように思えるからです。
(あくまでも自分の考えであり、もちろん正解ではありません)


第4位
番外編その2
チャンスの場面で代打を出されたとき

理由は説明するまでもないですね。


さぁ、いよいよベスト3の発表!

ファンファーレでも鳴らしたいところですが
悲しいかな、そんな高度なPC技は持ち合わせておりません~


第3位
ヒットかエラーか微妙な当りを記録員にエラー判定されたとき

意外に思われるかもしれませんが
これがまた凄く悔しくて残念で
「なんでぇ~~~ヒットでしょう~」と、
記録員への怒りが憎悪に変わり・・・(以下自粛)あきらめきれません。


第2位
きわどく切れたファウル

飛距離充分の大飛球が、わずか数十センチ!
ポールの右、左でファウルになってしまうとき
ライン際の長打コースがわずかに切れてファウルとなったとき

どちらも本当に「惜し~いぃ~~ッ!」と声が出てしまいますよね。

紙一重の差でフェアとファウルになってしまうのも
正確に言えばバッティング技術の問題ともとれますが
やはり、そのわずかのタイミングのズレが何とかならなかったものかと
非常に悔しく感じます。


そしていよいよ栄えあるナンバーワンに輝いたのは

第1位
相手野手に超ファインプレーされ、完全なヒットを凡打に変えられてしまった打球

もう、悔しくて悔しくて
特にそれが外野手の美技だったときには
次にHRでも打ってくれない限り、最低でも3日は忘れられません!

まぁG選手の打球であっても
相手野手のプレーをアッパレと褒める気持ちは持ちますが
これが「24番」の打球であった場合には
やはり悔しさの方が先立ちます。

そしてどんな打球にも言えることですが
そのファインプレーに阻まれた打席が
満塁の場面など絶好のチャンスであったとき
悔しさはさらに増し、落胆のあまり崩れ落ちてしまうのは言うまでもありません。


以上、勝手に『悔しいアウト・ランキング』でした~


おまけ

『侍さんを解説!』

台湾で行われた侍ジャパンのゲームをゲスト解説。
仲の良い小久保さんの初陣をアシストし、見事に勝利の『男神』となりました

しゃべることはあまり得意ではない由伸・・・

実況アナから「高橋さん、」って呼びかけられるたびに
TVの前でドキっとしてしまう。

ハラハラドキドキの2時間あまり、
でも一生懸命に頑張って解説してました。

その姿と声がけなげすぎて
試合内容・・・ほとんど覚えてません

20131107-839068-1-N報知
出発前の空港で 画像 スポーツ報知より


スポンサーサイト

テーマ:プロ野球
ジャンル:スポーツ

プロフィール

薫

Author:薫
アスリートたちに注目しています!
その心にもそっと触れながら。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。