--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.10 18:33|サッカー
本当の『体育の日』は...
10月10日、今日でしょっ!と
半世紀前の国立競技場に想いを馳せつつ
スポーツの話題を。


スポーツ選手を好きになる理由。
もちろん、そのプレイに惹かれるから。

でもやっぱり美しい選手は、より魅力的。


ロベルト・バッジョ(Roberto Baggio) 47歳。

「イタリアの至宝」と称され、ファンタジスタの象徴的な存在として知られていた彼。

1994年、ワールドカップ・アメリカ大会の悲劇を忘れることはできません。


決勝トーナメントでの活躍...
母国決勝進出への原動力となった彼。

しかし、ワールドカップ決勝史上初のPK戦となったブラジル戦。
最終キッカーであるバッジョのシュートは... ...


ゴール左上...高く外れてしまう。
イタリアは優勝を逃しました。

このことをもってバッジョを責めた人々は
最終キッカーが蹴る時点で、ブラジルがリードを保っていたこと。

たとえ彼のシュートがゴールを揺らしていたとしても
イタリア勝利の可能性が高くなかったことを口にしません。


チームメイトたちが

僕らを決勝まで連れて行ってくれたのはロビーだった、彼はフットボールそのものさ

と言ったその言葉がすべてを表しているのに。



スポーツはいつの時代も、結果で語られるものだけれど

敗者の涙に想いを寄せるとき、そこに真実が見えてくるのだと思います。



「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけ」(バッジョ)



あの日、うつむいた「背番号・10」

ポニーテールの横顔は、それでも美しかったと私は思う。


20141001184138.jpg


バッジョは現役時代の2002年10月からFAO(国連食糧機関の親善大使)を務め、飢餓や貧困に苦しむ人たちの自立への支援キャンペーンを行っています。

また、ミャンマーの民主化闘争の指導者アウンサンスーチー(Aung San Suu Kyi)氏の解放に尽力したことから、2010年11月にはノーベル平和賞受賞者が作る「世界平和賞」を贈られてもいます。

原水爆被害者、被爆者団体との交流にも熱心です。


現役時代の彼は、素晴らしいプレイだけでなく「きれいなマナー」試合態度でも知られ、当時の髪型になぞらえ“神聖なポニーテールDivin’ Codino”と呼ばれていました。


「戦う相手を尊敬し、自分自身も尊敬に値する人間でありたい」という言葉を残しています。


あれから20年。

現役を引退しさまざまな活動をする中、昨年6月に来日。


国立競技場で行われた

「日本・イタリアOB戦 グロリエ・アッズーレ対Jリーグレジェンドプレーヤーズ」

膝の故障のため、出場はなりませんでしたが元気な姿を見せていました。


すっかりロマンスグレーになった彼。


20141001184247.png


ポニーテールはなびかせていなかったけれど

変わらぬ笑顔がとってもステキでした。



「僕の知っているドーピングはただひとつ、努力だ!」

ロベルト・バッジョ


20140601022100.jpg



この記事のコメント欄は閉じております。
ご意見、メッセージなどは拍手コメントよりお願いいたします。



スポンサーサイト

テーマ:サッカー
ジャンル:スポーツ

プロフィール

薫

Author:薫
アスリートたちに注目しています!
その心にもそっと触れながら。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。