スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走

2014.01.04 16:31|
正式名称で、こう呼ぶのが好き。

今年も箱根を観た、もちろんテレビで。


「繰り上げ」・・・
普段、何気なく使うポジティブにも聞こえるこの言葉。

『箱根駅伝』で聴くそれは、
悲劇的で、これ以上ない哀しい響きがしてしまう。


【第90回東京箱根間往復大学駅伝競走】

記念の大会を制したのは東洋大学。
歴代2位の10時間52分51秒で圧勝した。

しかし箱根駅伝ほど
喜びに湧く勝者よりも、敗者を見詰めてしまう競技はない。

仲間の気持ちをつなぐ『襷』

紫紺、鉄紺、臙脂、藤色、フレッシュグリーン、プラウドブルー・・・

松葉緑というステキな呼び方の色もある。


紫紺のユニフォームには紫紺の襷が
えんじにWならば、やはり臙脂色の襷が一番よく似合う。

それなのに・・・

必死につないだ気持ちが途切れる瞬間は、あまりにも切ない。

中継所まで、まだ200m、いや300mか
襷を外し手に持つランナーの気持ち。

早く、早く、1秒でも速く仲間の許へ届けたい。
溢れる想いが切ないほどに伝わってくる。

仲間を待つ者もまた同じ。

繰上げ時間が迫り、残り1分。
すでにその胸には、大会本部から渡された“違う色のタスキ”がかけられている。

しかし、祈る。
わずかな望みをかけて。

来たっ、最終コーナーを周り駆けてくる仲間の姿。

早く、早く、速く来いっ!

“繰上げタスキ”を脱ぎ捨て、大きく手を振り合図する。

最後の力を振り絞って向かってくる仲間。

あと5秒・・・

間に合った、

繋がる気持ち、10人の仲間の後ろには何十人もの仲間たちの想いがある。
瀬古利彦は「襷は魂をつなぐ」と言う。


繋げなかった襷に涙する選手もいた。

あと50メートル、ほんの数秒なのに・・・

無情の繰上げピストルが鳴った最終鶴見の中継所。
右手に襷を握り締め、泣き崩れる姿にもらい泣き。


「その1秒を削り出せ!」という強い気持ちを受け継いだチームは
やっぱり強かった。

だけど、温かい声援は箱根を走るすべてのランナーに惜しみなく送られた。

往路ゴールの芦ノ湖。

最終22番目にゴールした選手への声援は
他のどの選手よりも大きかった、ように思えた。

大手町に戻ってきたランナーにも
鉄紺の襷を身につけた選手だけではなく
23人全員に温かい声があった。


強いチームが出れば出るほど
繰り上げの切なさはつのる。

10分・・・短すぎる。
せめてあと、5分をと思う。

順位だって、途中からわけが分からなくなってくる。

でも、多分、それが箱根。

来年もまた、きっと観てしまう箱根。

90回繋がれてきた箱根の襷は

走る者、支える者、語る者、観る者・・・

91回目の春も、みんなで繋いでゆくのだろう。



お友だちの皆さま☆
ブログを読んでくださる皆さま☆


あけましておめでとうございます!

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


良い結果も、「頑張る」というプロセスさえも
自分の力だけでは決して実現しない。
周りのすべての人が、自分を頑張らせてくれていることに感謝して。


箱根駅伝の記事と新年のご挨拶

【かおる色の風】で書いたものをそのまま載せております。

はい、相変わらず手抜き感満載のこのブログ。

今年は月1ペースから脱却し
せめて週に1回くらいは新しい記事が書ければいいなぁと思いつつ
多分、のんびりブログのままでありましょう

更新されていることなど、まったく期待しないで来られた皆さんに
「おっ、書いてるっ!」
と、感激(?)していただけるようなブログ目指して
2014年もジャイアンツと高橋由伸選手を
熱く、熱く、応援してゆく所存にござりまする(←最近、はまってます♪)

かおる(なぜか、ひらがな)



番宣

1月4日、っていうか今日。
日本テレビ系列 23:30~24:00

「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」に、由伸選手が出演します。
楽しみ~(^^

今年の抱負(G公式サイトより)

達筆です!
サインもすごく丁寧に書いてある。
この色紙がほしい
(もうちょっと男前に写っててほしかったな、そこだけ残念;)

20140101215033.jpg


関連記事

テーマ:箱根駅伝
ジャンル:スポーツ

コメント:

おめでとうございます!

薫さん
あけましておめでとうございます!(二度目)
なぜか、いつもひらがなの、りんごでーすv-378
今年も宜しくです。

箱根、毎年ドラマがありますよね。
あの棄権しちゃった山梨の選手、かわいそうでしたv-406
来年、頑張ってほしいな。

由伸選手、充分オトコマエじゃないですかぁ。
すんごい達筆だし!
不満言ったらバチ当たりますよ(笑)
テレビ今日ですよね、見ますよ、楽しみにしてますv-411

今年も宜しく!

薫さん
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致しますv-290

由伸さん、いよいよ今日が放送日ですね。
いつものように他の選手と同じじゃなくて、単独で出演なので楽しみです。
バット振ったりするらしいですね!
達筆でサインも上手くて、男前だと思いますよv-354

あけましておめでとうございます。

薫さん
あけましておめでとうございますv-263
本年も変わらず、どうぞ宜しくお願い致します。

箱根駅伝は、家族が見ているのをチラチラ程度でしたが
アナウンサーがGの中継でお馴染みの人だったので、声を聞いてると、早く野球が始まらないかなあと思ってしまいました(笑)

今日、出演ですね。楽しみです!
字はすごくきれいですよね~サインも丁寧で、ホントこの色紙欲しいです(笑)
男前じゃないですか、あーでも、もっとハンサムですもんねv-344

遅くなりました(・∀・;)

あけましておめでとうございます。

駅伝、すべてをじっくり見られませんでしたが
様子、よくわかりましたよ。
ありがとうございます(*^▽^*)

いろんな思いで見てしまいますね。

そして、野球も、そろそろ自主トレが始まりますね。

また、元気な様子が伝わるといいな。

年が明けて、いろんなことが
また新しく始まるんだなと感じます。

今年も、いろんなことをおしゃべりできたら嬉しいです(*´∀`*)

よろしくお願いします・゜゜・*:.。. .。.:*。.:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りんごさんへ

りんごさん
あけましておめでとうございますv-22
何度も言わせてすみませんv-356

そうね、なぜかいつもひらがなだね(笑)
たまには漢字で来てもらっても全然OKですよ!
こちらこそ、今年もよろしく。

箱根、ドラマだよねぇ。
棄権した選手はまだ2年生だから、次があるけど
4年生は可哀想だったね・・・。
やっぱり襷が途切れるって、切ないなぁと思いました。

由伸はもちろん、充分オトコマエです。
でもこの写真、ほんの少しだけ完璧じゃないの、私的に。
感覚の問題だけど。

テレビ見た?
たくさん話してたし、バットも振ってたし、よかったですv-410

美樹さんへ

美樹さん
あけましておめでとうございますv-22

こちらこそ~
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

由伸選手、見ました~
ちゃんとしゃべれるかなぁって、ドキドキしながら
でも楽しかったですv-290

怪我のシーンが何度も映されてたので、いろいろ思い出してしまいました。
もう怪我だけはしてほしくないですね。

はい、達筆でサインも上手くて、男前です!!
いい笑顔があったので、今年も頑張ってくれるって思えました。
あの美しいスイングで、勝利に繋がるヒットやHRをたくさん打ってほしいですねv-353

由伸愛子さんへ

由伸愛子さん
あけましておめでとうございますv-22
こちらこそ、どうぞよろしくお願いしますね。

お家のこともやらなきゃいけないから
駅伝は、ずーっと見ていられないですもんね。
そうそう、アナウンサーの声!
私たちには耳馴染みの良い声でした~~
1号車は河村さんでしたね。
瀬古さんといいコンビで、おぉー、河村さん頑張ってるなぁと思いながら聴いてました。

ほんとですね、球春が待ち遠しいです。

TVヨカッタですよね♪
ねっ、この色紙欲しいでしょっ?
うん、もちろん男前なんですけど
もっと、いい写りのときがいっぱいあるじゃないですか。
この写真はそういうのに比べると、若干ね・・・。
ほんの少し、そう思いましたよ。

1年でも長くと本人が言ってるので
まだまだ頑張ってほしい気持ちでいっぱいですv-353

しずくさんへ

しずくさん
あけましておめでとうございますv-22

いえいえ、全然、遅くなんかないですよ~v-410
パソちゃん、まだしばらくかかりそうですもんね。

ほんと、もうPCのない生活って考えられないから
急になくなってしまったら不便でしかたないですよねv-406
早く戻ってきてくれるといいなぁ。

お正月は、いろいろと行事があるから
箱根駅伝をすべて、じっくり見るのは無理ですよねぇ。
少しはようす、伝わりましたか?
それならよかったv-290

今回は、往路の早い段階からいきなりのアクシデント発生で
棄権する選手が出ましたから、ちょっと切なかったです。
留学生だったし・・・。
来年まで、その悔しい思いを持ち続けるんだろうな。
2年生だから取り返してほしいと思います。

てらさん、昨日は地元の宇都宮でトークショーがあったそうですねv-411
しずくさんもお近くだったら、絶対行きたかっただろうなと思いながら記事を読みましたよ。

ライバルは強敵だけど
「自分のことをしっかりやって、去年よりよくなりたい」ときっぱり言い切ったみたいですね。
てらさんらしいです。
相手のことより、まず自分がやるべきことをしっかりとやる選手ですもんね。

宮崎キャンプまで、きっとあっという間。
楽しみな季節はもうそこまでやってきてますね。
大好きな選手たちの活躍が、本当に楽しみですv-410
ハーイ、たくさんおしゃべりしましょう~~v-411

鍵コメさま

鍵コメさま
あけましておめでとうございますv-22

そうでしたか、それはよかった!
また楽しくできますねv-410

こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします(^^

No title

明けましておめでとうございます
東風です
『二塁手論』にて私のことを印象深い読者との言葉を頂き
大変嬉しく思っていました
勿論その後のブログ記事拝見しておりました

悔しさの順番
『チームの香り』で前記のとおり私は高校時代は駅伝部なので
野球とは違いますが、真剣にスポーツをした者として
「チクショー!」と思う経験は幾度もしています
駅伝は個人でありチームのスポーツでもある難しい位置づけの
競技です
優勝候補は区間賞を獲ってもチームが負ければ嬉しさは半減。
逆に、チームの総合力が優勝を狙える位置にいなかった場合の
区間賞はチームが負けても嬉しいと、気持ちの表現も
難しいスポーツだとも思います
常勝チームにいた私は自分の『ブレーキ』で負けるのが
1番悔しかったかな?

息子から父への謝辞
弾丸ライナー川上哲治 少年期に読んでいた野球漫画の
ほとんどは巨人軍をベースにしたものでした
長島、王、金田、堀内が活躍し
それを指揮する監督、背番号77川上哲治
まだガキだった私は良い所しか知らなかったのですが
どんな世界のどんな人も楽をしている人はいない
何事も勝負です 遊びじゃない 
自分がやられて面白いと思う人はいない
この謝辞を読む限り改めて勝負の世界は厳しいと思う次第です

17年目への願い
《容姿端麗、野球センス抜群》となると相手からは
「気に入らない、打たせない」とマークが厳しくなる中で
活躍しているのだからやはりモノが違う
スーパースターです24番高橋由伸 華があり絵になる

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走大会
私は元駅伝部(高校時代)ですので僭越ながら1言
チームスポーツでウォーミングアップの時間がずれる
スポーツは駅伝くらいです、しかも配置もバラバラで。
走っている最中は本当に中継所に仲間がいるのか
わからない状況でいるのにも拘わらず走れるのは
同じユニフォーム(戦闘服)を身にまとったチームメイトを
信じているからこそ出来るのです 
タスキリレー時の「頼むぞ!」「オゥ!」
この短いやりとりの中には
今まで一緒に練習してきた仲間への信頼が凝縮していて
素晴らしい瞬間です
来る方も行く方も「アイツなら大丈夫」と信じて。
だからこそタスキを繋ぎたいと思うのに
繋げなかった時の悔しさ・・・
信頼されているとの気持ちが強すぎて
オーバーワークになり故障するのも駅伝ならでわでしょうか?
改めて「駅伝部で良かったー」こんな気持ちです
また来ます

ps
当時地元の中学校教師だった国士舘大の下重監督には
高校時代合宿などで指導を受けていました
更に当時川崎市役所職員だった駒沢大の大八木監督との
地元のレースでのデッドヒート
ものすごいレースで勝者は大八木監督でした 
もう30年近くも前の話で若い頃から2人はライバルでした
私の地元、及び年齢、バレちゃいましたかね?

東風さんへ

東風さん
あけましておめでとうございますv-22

お元気でお過ごしでしたか?
はい、東風さんのことはとても印象深く心に残っていて
それはこの先も変わらないと思います。

そして、そうでしたか。
国士舘大の下重監督からは指導を受けられ
駒沢大の大八木監督とは、良きライバル関係でいらしたのですね。

うーーーん。
年齢、地元・・・相当、バレちゃいましたよ!
下重監督と大八木監督は同い年のようですが
お二人よりも、少し下の年代でいらっしゃるということですね?
しっかりと脳内にインプットいたしました( ̄ー ̄)ニヤリッ

高校時代のお話は伺っておりましたので
箱根駅伝、私たちが見るよりもはるかに
いろんな想いを持って、ご覧になることは想像できます。

「チームスポーツでウォーミングアップの時間がずれる スポーツは駅伝くらい、しかも配置もバラバラ」
↑こういう視点では捉えていなかったので 、なるほどと思いました。

考えてみればそうですね。
走っている最中は、本当に中継所に仲間がいるのかどうか、それさえも分からない。
いてくれることを信じるのみですよね。

「同じユニフォームを身にまとったチームメイトを信じているからこそ出来る!」
ものすごく重みのある言葉だなぁと思います。

タスキリレー時の『頼むぞ!』『オゥ!』という短いやり取りの中に
「今まで一緒に練習してきた仲間への信頼が凝縮していて、素晴らしい瞬間です」
と、仰ることにも深く頷きました。
だからこそ、繋ぎたい、仲間のためにも繋がなきゃいけないのに
繋げなかった時の悔しさ・・・

私なんかが生意気に言うことではないのですが
その悔しくて切ない気持ちが伝わるからこそ、箱根駅伝があんなにも見る者の胸を打つのだと思います。

それから、「ユニフォームは戦闘服」という言葉も、本当にそうですね。
どんなスポーツにも、それを強く感じるし
お仕事をされる方の「制服」も、そうだと思うんですよ。
デパートや銀行で、レストランで、病院で・・・
みんなプライドを持って「戦闘服」を身に着け、働くのだと思います。

言い出せばキリがないけれど
学校の制服もまた、受け継がれてきた伝統を繋いでゆく「襷」のような気がします。


私のブログ記事も、いつも丁寧に読んでくださってありがとうございます。

<悔しさの順番>
真剣にスポーツをすればするほど
「チクショー!」と思うことも、悔しさに涙することも
たくさんおありだったでしょうね。

「駅伝は個人であり、チームのスポーツでもある難しい位置づけの競技」
確かにそうですね。
それって、野球、もっと言えば『プロ野球』でもあると思います。

東風さんはアマチュアだったから純粋に
「優勝候補は区間賞を獲ってもチームが負ければ嬉しさは半減。
逆に、チームの総合力が優勝を狙える位置にいなかった場合の区間賞はチームが負けても嬉しい」
と感じておられますが

プロ野球の場合は、チームスポーツでありながら
とても大きな要素として「個人」がありますね。

チームは優勝したけれど、自分は成績を残せずその勝利に貢献できなかったとき。
そこには嬉しさの何倍も悔しさがあるし
真に喜べるのは
自分が打って、投げて、チームを勝利に導いたときであろうと思います。

主力打者ならば、自分が打てず負けてしまった時
「常勝チームにいた私は自分の『ブレーキ』で負けるのが1番悔しかった」
と仰る東風さんと同じ気持ちでいるはず。
プロ野球もまた、気持ちの表現がとても難しいスポーツなのです。

<息子から父への謝辞>
私もたくさんの野球マンガを読んでいますよ!
もちろん、巨人軍をベースにしたものです(*゚∀゚)っ
背番号77・川上監督を知ったのも野球マンガからです。
勝負の厳しさに徹したからこその、不滅のV9ですよねv-353

<17年目への願い>
《容姿端麗、野球センス抜群》
「やはりモノが違う、スーパースターです24番高橋由伸 華があり絵になる」
大変嬉しいお言葉を、ありがとうございます!

私のブログに来てくださる方は
決して、由伸大好きな方ばかりではなく、野球ファン・Gファンの方。
あるいはスポーツの魅力を理解し、同じように感じてくださる皆さんです。

東風さんがここにいらしてくださり、
その上、丁寧な感想を書き込んでくださることを、本当に嬉しく思っています。
今年も、マイペースな更新になりますが
また、遊びにきていただければ嬉しいです。
東風さんの2014年が
健康で楽しい1年になりますよう、お祈りしていますv-410

どうも、ハイジです

葉菜さん、今年もよろしく

その1秒を削りだすためにどれだけの時間を費やし、どれだけの汗と涙を流したんだろう、なんて考えると駅伝は平常心で観ていられません。
「4年生の○○クン、最初で最後の箱根です」なんていうアナウンスもダメだな(笑)。
山梨学院の棄権は切なすぎる。無念なんていう言葉で片づけることのできないほんとうにギリギリのところでの闘いなんだということを強く感じました。
繰り上げも切ないけど、ルールがあるのがスポーツだから仕方がない、というか受け入れるしかないですね。沿道で出場できない大学の部員が自分たちのものではない黄色いジャンパーで運営の仕事をしているのを見ると、結果がどうであれ、レースで全力で走ることが出来たこと自体がものすごく幸せなことなのかな、と思ったりもします。
今年も日テレの策略にまんまと嵌った2日間でした。

私も当然「風が・・」を読み返すことがありますが、最近、六道大の藤岡のセリフの深さに妙に心惹かれます・・・

ハイジさま

ハイジさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします!

そう、日テレの策略にまんまと嵌った2日間でしたね。
でも、嵌められて心地良い2日間でもありましたね(^^
あーだこーだ言ったり、感動したり、悔し涙にもらい泣きしたり。

毎年、日本中のたくさんの場所で、大勢の人たちがこのレースに注目してる。
だから、選手たちもよりいっそう頑張ることができる。
頑張る選手たちを観て、自分も何かを感じる。

そういう中でのルール、繰り上げなんだと考えるしかないのでしょうね、切ないけど。

そうですね、沿道の『自分たちのものではない黄色いジャンパー』を着ていた学生たちに想いを馳せてみると、先生の仰ることが心に沁みます。
(日テレ風に言えば、)そこにも箱根のドラマがあるのですよね。

「風が・・」の六道大、藤岡のセリフ。

「俺たちはいったい、どこまで行けばいいんだろうな。到達できたと思っても、まだ先がある。まだ遠い」
っていう箇所ですよね?


ランナーはいつも孤独に走りつづけて、追い求めつづけるんだろうな。
なぜ?
きっと、満足しないからでしょう?
先生は花火を観ても満足できないんでしょうか?
でも、そこにはものすごい達成感があるはずだから
目の前の大きな目標をやり遂げた喜びが、自分に『強さ』をくれて
また、次の目標を決めさせる勇気を与えてくれるのかな。
なんて、またまた生意気にも思ってしまいました。

ハイジのセリフ
「難儀なものだな、走ることを選んだ人間というのは」という言葉を
先生への、新年のご挨拶としてお贈りいたします。
花火を観たあとの感想、聞きたいです。
だから、なにものにも負けないで絶対頑張って!!葉菜v-353

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさまへ

鍵コメさま
あけましておめでとうございますv-22
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

沖縄の自主トレは
毎年「9日」が、『ヨシノブ的特異日』なのか・・・
結構多いような気がするんですよね。
根拠はないですが、今年もその辺りかと。

一緒に行くのは、いつものメンバー。
隠善、中井、脇谷選手に、今回から期待の若手・辻東倫くんも同行するようですね。
あとはタイガースの伊藤隼太選手も行くのかな。
充実した自主トレをして、宮崎に備えてほしいと思います。

ほんとですね、それが一番です!
怪我なく無事にシーズンを乗り切ってもらいたいです。
うんうん、頑張ってほしいですねv-217

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

薫

Author:薫
アスリートたちに注目しています!
その心にもそっと触れながら。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。