スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球はドラマ!

2014.12.30 01:06|高橋由伸
「紆余曲折を経てホーム(ベース)に帰るという点で、野球そのものと共通性がある」

ヤンキースから、8年ぶりにカープ復帰を決断した黒田博樹投手の男気(それにしてもカッコ良すぎる!)を
こんなふうに表現した人がいました。

「スポーツが紡ぎ出す物語性に、多くの人が人生と重ね合わせて共感するのだろう」とも。


バッターとピッチャーの対決。
きれいなヒットで出塁することもあれば
泥臭くギリギリの内野安打でセーフになることもある。

ファーストからセカンドへ...
自ら塁を盗む場合もあれば
我が身を犠牲にして仲間が送ってくれることも
もちろんきれいなヒットで塁が埋まるときだってある。

セカンドからサード...そしてホームへ
相手外野手との勝負に勝ち、派手にホームインすることもあれば
負けて天を仰ぎ、うなだれてベンチに戻るときもある。

そのどれでもなく、美しい放物線を描く打球によって
すべてのプレイが止まる歓喜の瞬間もある、それが野球。

バッターが塁に出て...
ファーストからホームに還るまでの紆余曲折には
その選手の野球にかける情熱、努力や我慢、辛く長いリハビリ

悔し涙、嬉し涙...
溢れる想いがいっぱいに詰まってる。


原監督は来季から兼任コーチとなった24番について

「選手、コーチの2役を使い分けてくれと話をしている。
混合した形には、したくない。
試合中は選手、ベンチ入りメンバーに入っていないならばコーチ」
という発言をしています。

『ベンチ入りメンバーに入っていないならばコーチ』
って、どういう意味なんだろう?
怪我もしてないのに、25人に入れたくない日は試合に出さないということ?

監督の言葉にはつい敏感になってしまう。
ネガティブには捉えたくないけれど
一軍メンバーである以上、どんな場合でもベンチ入りからは外さないでと願うファンの気持ちは
ファンゆえの甘さですか?

バッターボックスに入るとき、マウンドに登るときが始まりじゃない。
グラウンドには試合開始の何時間も前から
黙々と出番に備える選手たちの姿があります。

もっと言えば、今日、今、この瞬間にも
みな、来季に向かって努力しているのです。
努力を見てほしいわけじゃない、
努力によって残された血の滲むような成果は、有名無名、年齢に関係なく公平に見てほしいと思う。

野球はドラマ!

2015年シーズン
何十、何百通りにもある物語を楽しみに
大好きなあの人を応援していきます。


お休みしてばかりのこんな不定期ブログを訪ねてくださったみなさま。
一年間、本当にありがとうございました。
どうぞ、良いお年を!

img_20140823195654007_1805272622477699984.jpg
8月23日 東京ドーム 天国の父を見上げて
公式サイトより




関連記事

テーマ:読売ジャイアンツ
ジャンル:スポーツ

プロフィール

薫

Author:薫
アスリートたちに注目しています!
その心にもそっと触れながら。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。